コンセプト

2013年9月 特定非営利活動法人 静岡県新技術協会が誕生し、
静岡県に先進の建設技術、工法、資機材の普及、啓蒙活動を開始しました。
行政、メーカー、建設コンサルタント、施工業者が一体となり、
インフラの強靭化と防災力向上を共に考え、安心安全な社会づくりに貢献して参りました。

約6年間の活動を経てより一層、充実した組織構築と活動強化を目指し、
一般社団法人 静岡県新技術協会として新たな一歩を踏み出すこととなりました。

年々自然災害が激甚化し、市民の生活を脅かしています。巨大地震の確率も日に日に高まっています。
立ちはだかるインフラ老朽化対策、化石燃料や原子力に頼らない再生可能エネルギーの普及、
人口減少に伴う建設業就労者確保、建設技能の継承、防災力向上などの諸問題は依然として山積しています。
新技術、新工法は高価で使えない、前例が無いと採用しにくいという概念を取り払い、
社会にとってメリットがあるもの、市民の安心・安全な生活に必要なものを普及させ、
且つその仕組みを構築することが当協会の第一義です。

一般社団法人 静岡県新技術協会は「新技術」という言葉にこだわらず、
インフラと日本国土の保全、人材の確保と教育、技能継承などの問題解決にハードとソフトの両面から取り組みます。
将来、私たちの活動と実績を各地に発信し、
全国を牽引していくことを目標に研鑽を重ねて参ります。

新着情報

技術研究会

技術研修会参加申し込みフォーム

活動内容

人と自然の調和を尊重しつつ、建設技術の向上と新技術の普及、インフラの強靭化と防災力強化を目指します。

建設、エネルギー、防災と人材育成にかかわる官庁、企業、個人が技術を提供し合い研鑽を積み、能力向上するために
継続学習制度(CPD・CPDS)対象の技術研修会を開催します。

また、各種講習会等を実施し、技術者と技能者の育成を行います。
広報活動にも取り組み、積極的に展示会やイベントに参加します。

1. 建設産業に関する新技術の普及を目的とする講習会等主催事業

  • 技術研修会の開催。

2. 国土の利用、整備又は保全、強靭化を目的とする事業

  • 発注機関、建設コンサルタントに対するプレゼンテーション、技術提案。
  • 災害発生時の発注者支援、ボランティア活動の推進。

3. 国民を自然災害から守り、安心して暮らせる環境づくりを目的とする事業

  • 防災セミナー等の企画、参加。
  • 防災用品、避難施設の開発と普及活動。

4. 建設産業に従事する技術者の養成、技術の向上を目的とする事業

  • 人材教育セミナー等の開催。
  • 技術向上研修会等の企画、開催。

5. 建設産業における人材不足の解消、技能の継承を目的とする事業

  • 外国人技能実習制度の普及活動。
  • 技能実習、講習会の開催。

6. 再生可能エネルギーの普及、施設建設及び施設メンテナンスを目的とする事業

  • 風力発電、水力発電、太陽光発電施設の普及活動。
  • 再生可能エネルギー発電施設の効率的運用の検討、メンテナンスの推進。

技術研修会で発表した技術をご紹介

名誉会員

  • 一般社団法人建設業振興基金
    理事長 佐々木 基(元国土交通省審議官)
  • 一般社団法人日本建設機械施工協会
    施工技術総合研究所 技師長 谷倉 泉

法人会員

コンサルタント賛助会員

協会概要

名称
一般社団法人 静岡県新技術協会
Shizuoka New Technology Association
住所
〒421-1213 静岡県静岡市葵区山崎2丁目17-16
TEL・FAX
054-278-8533

お問合せ

お問合せ、資料請求、新技術工法のご提案がある方はこちらのフォームよりご送信下さい。

必須お名前
必須
必須フリガナ
必須
会社名
部署・役職
必須メールアドレス
必須 エラー
TEL
FAX
必須お問合せ内容
必須
プライバシーポリシー

個人情報保護方針

特定非営利活動法人 静岡県新技術協会は、お客様及び当協会に関わる方すべての個人情報について、適切に保護することが社会的責務として重要と考え、以下の方針に基づき、個人情報の保護、管理、運用、利用を徹底いたします。

個人情報保護管理者
個人情報保護管理者:近藤 大智
TEL:054-278-8533

個人情報保護方針

1.個人情報の収集にあたり、利用目的を明確にし、その目的以外での使用は一切致しません。また、お客様の同意を得た範囲外への提供および開示は一切致しません。

2.お客様よりお預かりする個人情報ならびに収集する個人情報等の処理を委託する場合は、安心して委託できるルールに沿って管理や運用を行います。

3.お客様よりお預かりする個人情報ならびに収集する個人情報、従業員の個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい、盗難および不正アクセス等のリスクを深く認識し、適切な予防処置及び是正措置を講じます。

4.お客様本人の個人情報について開示・訂正、削除のご依頼があった場合は、その要求に応じ、適切な対処を致します。

5.個人情報の保護に関するコンプライアンス・プログラムを定め実践・遵守するとともに、個人情報に関する法令、ガイドラインおよび当社の規定を遵守します。また、定期的な見直しによりコンプライアンス・プログラムの継続的改善に努めます。

6.この個人情報保護方針は従業員及び一般の方からの求めに応じて配布します。

お問合せは、個人情報の取扱いについて同意の上で送信してください。