新技術・新工法

三角フェンス工法

技術研修会イメージ
ジャンル斜面・法面
NETIS番号HR-020009
静岡県新技術・新工法情報DB登録申請中
概要三角フェンス工法は落石に有効に働く21世紀を見通した落石防護・予防兼用の防護柵です。
防護柵全体で落石エネルギーを吸収します。ネットのたわみが大きいので衝撃力を抑制します。フェンス面より谷側に支柱があり、ネットが谷側に屈曲しているため、落石を逃すことなく捕捉します。斜面の起伏に応じてフェンスを施設するので、フェンスの下から落石が抜け落ちることがありません。 落石がフェンス面に斜めに作用しても構成部材が3角要素のトラス構造であるため安定しています。落石を受けてもフェンスの高さが減少しにくい構造です。

これまでの落石防護柵と予防柵はそれぞれ個別に対策せざるを得ませんでした。冬季間に落石対策用の防護柵が倒壊した例も報告されています。ヨーロッパで落石対策として多用されている三角ネットの落石予防柵は、落石対策工として極めて有効であることが実証されています。そこで、ヨーロッパで普及している三角ネットを用いた防護柵を改良して、落石予防工と落石対策工を兼用できる防護柵「三角ネット」を開発しました。勿論、落石対策に限定した場合でも、この三角フェンスは500kJ程度までの中規模の落石対策工として極めて有効です。
問い合わせ株式会社アースシフト
℡054-278-8309
E-mail:ken19@earth-shift.co.jp
https://www.earth-shift.co.jp/contact/

施工実績

静岡県内実績

随時更新予定

静岡県外実績

随時更新予定